導入からバスティンメソードによる個人レッスン中心のレッスンをしています。またリトミックも取り入れ、身体で表現しながらの指導も行っております。毎年発表会を行っていますが、2年に1度、地元の室内楽協会の先生方との共演の発表会も行い、子供たちに、室内楽の経験を通して音楽の楽しさを教えております。特にピティナをはじめとするコンクール前には、外部から先生をお招きして、グループレッスンや特別レッスン等も行っております。

ベーシックコース

バスティン・メソードを使ったシリーズのテキストを中心としたレッスンです。

バスティン・メソードはこちら。

 

対象

全受講生
回数 個人レッスン=月3回
時間 お問い合わせください。
月謝

お問い合わせください。

アドバンスコース

バスティンメソードのレッスンの基本の柱となるものはグループレッスンにあります。

ベーシックコースに加えて、さらに集団の中での個性のレベルアップも図るレッスンです。

対象 全受講生
回数 個人レッスン=月3回
グループレッスン=月1回
時間 お問い合わせください。
月謝

お問い合わせください。


使用教材「バスティン・メソード」について

当教室はアメリカのピアノメソード「バスティンメソード」を使用しています。

ピアノの演奏技術を身に着けるだけではなく、幅広い音楽の体験ができる教材です。

1970年代にアメリカのジェーン&ジェームス・バスティン夫妻により、創始・開発されました。

 

導入期から全調(24調)を学習します。

音楽のお勉強として、順序だてたレッスンを行う事がピアノ演奏の早道です。

 

①ピアノの鍵盤の理解(ピアノのしくみを知る→音楽の理解へ)

②リズム(リズムを感じること→身体の能力の向上・脳への刺激)

③聴音(弾いた音を書き取る→集中力・記憶力を育てる)

④和音(音の響きを感じる)

⑤創作(想像力を高める技術)

⑥移調(曲を色々なカラーに変える技術)

⑦理論(楽譜を読むために必要な音楽のルール)

⑧テクニック(指を動かすための運動機能)

⑨アンサンブル(連弾・バイオリンやチェロなどの楽器と演奏・オーケストラとの共演)

⑩楽譜を読むこと(楽譜を読めることは将来、大きな財産になります)

 

など、バランスのとれた音楽性を身に着けることができます。

 

 

 

導入期のレッスン

(ピアノの鍵盤のしくみ)

指カード・指番号札

(指先・手の強化のトレーニング)

大譜表布シート

(♪シートを使って音符を読む)

24調のレッスン・教材

(フラッシュカードを使って)

リズムのレッスン①

(動物カードでわかりやすく)

リズムレッスン②

(音符のガードへ結びつけます)

音階レッスン

バスティン・メソードの醍醐味!

音の階段を両手を使って学ぼう!

女性(小4)

音楽史のことや、指のことなど丁寧に教えてくれるので、勉強になります。優しく教えてくれるので、楽しいです。

男性(中1)

今回のステップでは、福岡からKスタイルオーケストラの皆様をお呼び頂き、更に世界的に活躍されておられます先生をアドバイザーにお呼び出来ている事に感動しました。先生方の信頼と熱意は本当にすばらしいです!!

 

女性(小3)

先生が代表で活躍されているEミュージック♪は先生方もステップに参加されておられます。ご自身のお勉強もされているその姿は、子供達と同じ目線に立ち、細やかに丁寧に演奏されておられました。すごい事だと思います。 

女性(小1) 

お教室が可愛らしく良いピアノで環境が整っております。集中してレッスンをしているのがわかります。時にはグループレッスン、合唱、平和学習、まだこれからですがバレエとたくさんのイベントを計画されている中で、すばらしい先生方に会わせて頂きました。オーケストラを身近に感じさせて頂けたのも先生のおかげです。いつでも本物を体験させたいという先生の考え方が素敵です。出逢いに感謝です!!いつもありがとうございます。今後も宜しくお願いします。 

女性(小2)

先生の教室は明るく、きれいでおしゃれです。先生はいつも元気一杯、丁寧にご指導下さいます。グループレッスン、バレエ、チア、うたなども学べてとても楽しいです。